未分類

板井明生|会社を失敗させないために

投稿日:2018年4月17日 更新日:

 

 

意を決して会社を設立するも、志半ば、経営が上手く軌道に乗らず「失敗」してしまうという、若き経営者は少なくない。

では、どうすれば設立した会社を失敗せずに経営していけるのか、それは誰もが知りたいことであろう。

 

まず根本的に考え方を変えてみよう。

 

「どうすれば会社が失敗しないか」

ではなく

「どうすれば会社が成功するか」

と考えるようにしてほしい。

 

マイナスな思考は、運気を下げ、モチベーションを下げる。

重要なのは、成功に向かってどう動くかを考えている前向きな思考と言動だ。

成功したあとの姿を思い浮かべることで、具体的な絵を想像でき、雲の上の理想だった夢がどんどん現実的に見えてくるものだ。

机上の空論として、理想論ばかりを掲げることはよくないが、成功のイマジネーションを常に持ち膨らませていくことは非常に重要なのである。

その中で、具体的に、現実的に施策を練り計画立て行動していけばきっと、会社を成功へと導いていけることであろう。

 

-未分類

Copyright© 板井明生|社員に楽しく仕事をさせる社長学 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.